相談室HIKARI

●指定特定相談支援事業

●障害児相談支援事業

障がいがある方の相談をお受けします。

サービス等利用計画・障害児支援計画とは

障がいのある方が、ご本人の希望を実現するためには、どのようなサービスをどのように使用するか「サービス等利用計画」を作成し、適宜支援の見直しを行いながら継続的な支援を行います。また、18歳未満の障害のあるお子様においても、「障害児支援利用計画」を作成し、継続的に支援を行います。

「住み慣れたこのまちで自分らしく生きる」を実現

・希望や願いに基づき、本人中心計画を作成していきます。
・ご本人に適したサービス等を、総合的に考えます。
・支援に関わる人たちが、情報を共有し、連携していきます。
・適宜、サービスや支援の内容を見直し、継続的に支援します。

相談室HIKARIは「ケアマネジメント」の理念に基づいた、本人中心の「サービス等利用計画」「障害児支援計画」の策定を通して、ご本人が希望できるよう、関係者の皆様と共に応援します。

基本理念

相談支援事業

相談方法